mark Levinson No.5000シリーズ 好評展示中!

2021年7月19日

 

 

No.5000シリーズ

展示中!

 

オーディオユニオンハイエンド館ではmark Levinson No5000シリーズを展示中でございます。

ご愛聴盤をお持ちになってご試聴ください。


 

 

ネットワーク対応
SACDプレーヤー

No.5101

希望小売価格 660,000円(税込)

 

ご購入はこちら

メーカーHPはこちら

 

 
No5101は、SACD、CD-A、CD-R、CD-RWを含む主要なコンパクトディスクファイルの正確な再生を特徴とし、FLAC、WAV、AIFF、OGG、DSF、DFF、AAC、MP3、WMAをサポートしています。
No5101は同一ネットワークに接続されたNASドライブからストリーミングでき、ネットワークに接続されたDLNAおよびUPnPデバイスからストリーミングオーディオ(AIFF、OGG、MP3、AAC、WMAなど)を再生できます。また、Deezerなど最新のストリーミング音楽サービスにも対応しています。
リアパネルのUSBタイプA入力に接続されたUSBフラッシュドライブからオーディオファイル(最大24ビット/ 192kの高解像度PCM)をナビゲートおよび再生できます。
No5101はMark Levinson PrecisionLink II™ DACを使用した優れたデジタルオーディオ機能を備えています。
No5101には独自のMark Levinson PurePath回路を採用しています。これはアナログ信号の並外れた再生能力のために、XLRバランス・ステレオ出力およびアンバランスRCA出力が完全に分離された、ダイレクトカップリング・デュアルモノラル・ラインレベル出力回路です。
システム統合および通信ポートには、IP(イーサネット)、RS-232、IR入力、および12Vトリガー入力が含まれます。付属の新設計のアルミニウム製IRリモートコントローラーに加え、No5000シリーズ専用アプリ ❝5Kontrol App❞や ❝MusicLife App❞など主要なシステム制御用ソフトが利用可能です。
堅牢な素材、豪華な仕上げ、大胆な幾何学構造は、マークレビンソンデザインの特徴的属性です。 1インチ厚のソリッドアルミニウムフロントパネルは、ビーズブラスト加工の後ブラックアノダイズ処理と機械加工が施され、アルミニウムベゼルに埋め込まれた滑らかなガラスディスプレイがシームレスに一体化されています

 

デジタル入力端子: オプティカル デジタル入力 (Toslink) ×1
同軸デジタル S/PDIF入力 (RCA) ×1
デジタル出力端子: オプティカル デジタル出力 (Toslink) ×1
同軸デジタル S/PDIF出力 (RCA) ×1
アナログ出力端子: RCAアンバランス ラインレベル出力 (RCA) ×1組
XLRアンバランス ラインレベル出力 (XLR) ×1組
コントロール&ネットワーク端子: RS-232 ポート (DB9 コネクター) ×1
IR インプット (⅛”/3.5mm ミニジャック) ×1
12V DC トリガーインプット (⅛”/3.5mm ミニジャック) ×1
Ethernet ポート (RJ-45 コネクター) ×1
USB-A コネクター ×1
Wi-Fi アンテナ コネクター (SMA レセプタクル) ×1
出力電圧: 3.0V RMS RCAアンバランス フルスケール(0dBFS)
6.0V RMS XLRバランス フルスケール(0dBFS)
S/N比: 94dB以上 RCAアンバランス (wideband, unweighted, 3V RMS 出力基準)
106dB以上 XLRバランス (wideband, unweighted, 6V RMS出力基準)
消費電力: スタンバイ時: 0.4W以下
パワーオン時: 32W
寸法: W440 ×H126 ×D465mm
重量: 11.8kg

 


 

 

プリメインアンプ

No.5805

希望小売価格 935,000円(税込)

 

ご購入はこちら

メーカーHPはこちら

 

 
No5805は PureDirect™シグナルパスの設計思想をベースに開発され、フルディスクリート、ダイレクトカップリング、デュアルモノラル・ラインレベルプリアンプ回路を踏襲しています
フルディスクリート、ダイレクトカップリングを採用したAB級パワーアンプで、サイズを越えた500VAもの容量の電源トランスを用いることで広いダイナミックレンジを確保しています。
最新のESS Sabre 32bit D/Aコンバーターと独自のジッター低減回路を組み合わせたフルバランス、 ディスクリート電流-電圧コンバーター部が中核をなします。
マークレビンソンの歴代モデルから受け継いできた、高品位な材料を惜しみなく使用したその外観仕上げは堅牢さと信頼性を物語っています

 

アナログ入力端子: バランス・ライン入力(XLR)×1ペア、アンバランス・ライン入力(RCA)×2ペア、MCフォノ入力(RCA)×1ペア、MMフォノ入力(RCA)×1ペア
ライン入力: インピーダンス バランス(XLR) 20kΩ, アンバランス(RCA)10kΩ、入力感度 53mV RMS(スピーカー出力2.83V RMS、ボリューム最大)、システムゲイン 34.5dB(スピーカー出力、ボリューム最大)
フォノ入力(MM): 負荷抵抗 47kΩ、負荷容量 20、70、120、170pF(選択式)、ゲイン 39dB@1kHz
フォノ入力(MC): 負荷抵抗 37、43、52、62、82、90、110、125、200、250、500、1000Ω(選択式)、負荷容量 100pF、ゲイン 69dB@1kHz
デジタル入力端子: オプティカルS/PDIF×2、同軸S/PDIF入力×1、非同期 USB(USB2.0-B)×1
サンプリング/Bit: PCM 32~384kHz/32 bit、DSD(ネイティブ/DoP)DSD64~256(2.8~11.2MHz)
消費電力: 100VAC(50/60Hz)/消費電力 スタンバイ0.4W以下(Green)/7W(Power Save)/70W(Normal)、無信号時 120W、8Ω定格出力時500W
外形寸法: W438 x H145 x D507mm
重量: 28.1kg

 


 

 

コントロールアンプ

No.5206

希望小売価格 1,045,000円(税込)

 

ご購入はこちら

メーカーHPはこちら

 
完全なディスクリート構成でダイレクトカップル接続されたデュアルモノラル・ラインレベル・プリアンプ回路、選び抜かれたコンポーネントを使用したクラスAサーキットなどに加え、新たに取得した特許技術を惜しみなく投入。
新しく設計されたフォノステージは、ハイブリッドゲイントポロジーを装備。
Mark Levinson PrecisionLink IITM DACを採用。最新のESS Sabre 32bit D/Aコンバーターは、独自のジッター低減回路と、フルバランス設計されたディスクリート電流-電圧コンバーターを備えており、デジタルファイルが持つ膨大な音楽情報を余すところなくD/A変換します。
ソリッドアルミニウムから削り出した25mm厚のフロントパネル、砂時計型のノブはブラスト加工&アルマイト処理を施した高品位な仕上げ。フロントディスプレイにガラスを採用するなど、№5000シリーズにふさわしい新しい素材を採用。
アナログ入力端子: バランス(XLR)×2、アンバランス(RCA)×2、フォノ(RCA)MM×1 / MC×1
デジタル入力端子: バランスAES/EBU(XLR)×1、同軸S/PDIF(RCA)×2、オプティカルS/PDIF(EIAJ)×2、USB(USB-B)×1

アナログ出力端子:

バランス(XLR)×1、アンバランス(RCA)×1

ゲイン:

バランス出力:最大14dB / アンバランス出力:最大8dB
入力インピーダンス: バランス:20kΩ / アンバランス:10kΩ
周波数特性: 20Hz~20kHz(±0.03dB)/ 2Hz~250kHz(+0.1/-3dB、0dBゲイン設定時)
全高調波歪: 0.003%以下(20Hz~20kHz、0dBゲイン設定・基準出力時)

S/N比:

93dB以上(20Hz~20kHz、ワイドバンド/非補正、0dBゲイン設定・基準出力時)

フォノ入力:

RIAA 周波数レスポンス: 20Hz~20kHz(±0.3dB)
サンプルレート
ビットレート:
PCM:32,44.1,48,88.2,96,176.4,192,352.8,384kHz / 32bitまで
DSD(DoPネイティブ):64,128,256(2.8,5.6,11.2MHz)
消費電力: パワーオン:70W、ヘッドホン接続時:85W、
スタンバイ時:65W(ノーマル)/4W(パワーセーブ)/0.4W以下(Greenモード)
寸法: W438×H126×D489
重量: 15.4kg
 

 

 

ステレオパワーアンプ

No.5302

希望小売価格 1,045,000円(税込)

 

ご購入はこちら

メーカーHPはこちら

 
プリアンプ同様、完全なディスクリート構成のダイレクトカップリング回路による、クラスABアンプモジュールを搭載。電圧利得段は、すでに高い評価を得ている上位モデル「No534」パワーアンプの技術を踏襲しています。
25mm厚のソリッドアルミニウムから削り出され、ビーズブラスト・アルマイト加工にて仕上げられたフロントパネルには、ブラック&シルバーの2トーン・ソリッドアルミニウムと、美しいガラスディスプレイがシームレスに一体化。。
CLASSIC AMPは、BRIDGE(ブリッジ)接続、およびBi-amp(バイアンプ)接続が可能です。設定はリアパネルのスイッチモードの切替で行います。BRIDGE接続の出力は約2倍となり200W(8Ω)のハイパワーモノラルアンプとなります。一方、Bi-amp接続に設定すれば、ハイカレントモノモノラルアンプへと変身いたします。
入力および出力コネクタ: バランス(XLR)×1
アンバランス(RCA)×1
定格出力電力: 135W/ch@8Ω、270W/ch@4Ω[ステレオ]
275W@ 8Ω / 550W@ 4Ω[ブリッジモノラル]

周波数帯域:

20Hz~20kHz(+0/-0.35dB) / 2Hz~80kHz (+0/-3dB)

クロストーク:

70dB以上
SN比: 102dB以上(20Hz~20kHz/非補/135W@8Ω出力基準 [ステレオ/ブリッジモノラル]
電圧ゲイン: 25.8dB [ステレオ]
31.8dB [ブリッジモノラル]
入力インピーダンス: バランス(XLR):100kΩ / アンバランス(RCA):50kΩ

消費電力:

最大; 1000W / 無信号時;90W(ステレオ) / 70W (ブリッジモノラル), 
35W (ノーマル) / 2W (パワーセーブ) / 0.4W以下(Greenモード)

全高調波歪:

0.04%以下 ( 1kHz, 135W@8Ω) [ステレオ]
0.04%以下 ( 1kHz, 275W@ 8Ω) [ブリッジモノラル]
寸法: W438×H145×D527
重量: 31.7kg
 
 
お問合せはオーディオユニオンハイエンド館まで
 
2021年7月19日
オーディオユニオン お茶の水 ハイエンド館 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報