本日開催! FUHLEN & LINN エントリー試聴会!

2017年5月14日
 
 
 
 
OCTAVELINN 。ご存知の通り、共にヨーロッパのみならず、全世界的な ハイエンド ビッグ・ネーム です。 

前者は、現在の経営者アンドレアス・ホフマン氏が、父親のトランス工場を引き継ぎ、真空管アンプの会社を設立し、ドイツ「黒い森」近くの村、カールスバッドに居を据えハイエンドメーカー。

後者は、スコットランド・グラスゴーに居を据え、アナログプレーヤーの LP12 でブレイクし、現最高責任者ギラード・ティーフェンブルン氏によって、オーディオ界の革命をもたらしたとされる、デジタルストリーミングプレーヤー (DS) を2007年に発表し注目を浴び続ける高級総合ハイエンドメーカー。 

この両者のl組み合わせでオーディオライフを堪能しているお客様も多いと思います。今回は両者のエントリー的製品を組み合わせて、音楽という自然と人工の調和を奏でます。

各講師より、これからオーディオを始めたいというお客様の為に、製品の使い方等、基本事項のご案内もさせて頂きます。今まで聞けなかった事や確認して置きたい事等、お気軽にお問い合わせ下さい。
是非、この機会に音楽という自然と人工の調和お楽しみ下さいませ。
 
 
開催日時 2017年05月14日(日) 14:00~16:00
場所 :   オーディオ ユニオン新宿店 試聴室
講師 : LINN JAPAN 小泉氏
Fühlen Coordinate 北村氏
※ 特にご予約は承っておりません。
お席は先着順とさせて頂きます。
 
 

 
 
管球式 プリメインアンプ
V110SE
希望小売価格 1,188,000円(税込)

メーカーサイトはこちら
 
 
「 V110SE の 特徴」
ダンピングファクターは3つのレベル(LOW、MED、 HIGH)に設定が出来、設計原理に関係なくどのスピーカーにもアンプを最適に組み合わせることが可能 。
V110SEの出力段はA/Bクラスで操作されるため、調 整可能なバイアス制御が必要です。最も洗練され、極めてシンプル、且つ正確なバイアス調整システム は本体のフロントパネルからアクセスできます。
V110SEには電源投入時に典型的な高突入電流が 原因となるストレスから保護し、コンポーネント並びに真空管の寿命を大幅に伸ばす多段式のソフトスタ ート/電源投入保護回路が装備されています
 将来を考慮したOCTAVEの特徴には、アンプの電源がオンで も使用されていない場合、熱と不要な消費電力を軽減するために開発された、独自のエコモードという省 電力電子回路が装備。
 
「V110SE の 特性」
●パワーアンプ部
出力段構成: 五極管プッシュプル動作
出力管: KT120×4
定格出力(4Ω時) HIGH:110W x 2(連続出力),130W x 2(最大出 力)/4Ω
LOW:70W x 2(連続出力), 90W x 2(最大出力)/4Ω
周波数特性: 20Hz - 70kHz(90W -1/ -3dB)
5Hz - 70kHz(10W -0/ -2dB)
S N 比: -110dB / 90W
推奨負荷インピーダンス 3 - 16Ω
ゲイン: LOW:34dB / MED:37dB / HIGH:38dB
ダンピングファクター: LOW:5 / MED:7.2 / HIGH:10
推奨スピーカー能率: 83dB以上
 
●プリアンプ部
入力感度: MED:270mV (ラインレベル)
入力インピーダンス: 50kΩ(RCA); 25kΩ(XLR)
チャンネルバランス: 0.5 dB - 70 dB (音量調節)
チャンネルセパレーション: 55dB
クロストーク(入力端子間): -105dB
出力インピーダンス: 240Ω(プリアウト)
入力管/ドライバー管: LOW : ECC82 × 1、ECC81 × 2
MED : ECC81 × 1、ECC81 × 2
HIGH: ECC83 × 1、ECC81 × 2
消費電力: 最小:190W(無信号時)、最大:500W、エコモード時:20W
寸法/重量: W451×H176×D415 / 23.0kg
 
 
 
 
デジタルストリームプレーヤー + マルチインプット・プリメインアンプ
MAJIK DSM/3
希望小売価格 540,000円(税込)

メーカーサイトはこちら
 
 
「 MAJIK DSM/3 の 特徴」
DSMシリーズのアイデアの元となった初代 MAJIK DS-Iを進化させ、最新のHDMI 再生機能を追加したプレミアム1BOXプロダクト。
100Wチャクラアンプ、ダイナミックパワーサプライの強力なベース部に、DSMシリーズが実現する多彩な再生機能を出し惜しみなく搭載。
後は、MAJIK DSM/3 とスピーカーをつなぐだけ…と言うシンプル+高性能の理想形として、LINNのラインナップを牽引するスーパースター。
 2016年9月に HDMI2.0ボード 搭載(4K, ARC, CEC, HDR対応)ですが、AVアンプとのチェーン接続に非対応。
 
 
「MAJIK DSM/3 の 特性」
形式: デジタルストリームプレーヤー+マルチインプット・プリメインアンプ
サポートファイル: FLAC、WAV、ALAC、AIFF、AAC、MP3、WMA
対応サンプリング周波数: 44.1k~192kHz
対応bit数: 16-24bit
イーサネットインターフェイス: 100Base-T RJ45
入力端子 Ethernet、RCA アンバランス入力4系統(うち1つは MM フォノ設定が可能)、Spdif同軸デジタル入力3系統、Tos 光デジタル入力3系 統、HDMI 入力4系統、プロント AUX ミニジャック
出力端子: RCAプリ出力1系統、RCAライン出力1系統、Spdif同軸デジタル1系統、Tos光デジタル入力1系統、HDMI出力(パススルー)1系統、フロントヘッドフォン、EXAKT LINK
パワーアンプ部: 100W(4Ω) x2
コントロールプロトコル UPnP
サイズ / 重量: W381mm x D380mm x H80mm /5.0kg
 
 

 
 
 
 
 
   
         
 
スピーカーベース
Fボード・ブロック

メーカーHPはこちら
 
 
オーディオラック
Q4D-VENT TWIN 

  メーカーHPはこちら 
 
 
スピーカーシステム
Classic 7.0

  メーカーHPはこちら 
 
 
 
詳細 は 新宿店 までお問い合わせ下さいませ。
 

2017年5月14日
オーディオユニオン ネットワークオーディオ館 提携駐車場サービスあり 買取受付
  • ネットワークオーディオ館では、LINNのDSシリーズの新品通販を承っております。
店舗情報