VIVID Audio KAYA 45 期間限定展示中!! (~6/27 まで)

2021年6月20日

 

VIVID Audio KAYA 45
期間限定展示中!! (~ 6/27まで)
 

VIVID Audio のスピーカーの特徴のひとつは全帯域にわたるサウンドの驚異的な明瞭さとアーティキュレーションです。曇った音やぼやけた音はそこには存在しません。1つひとつの音が明確に存在し、それが音楽に違いを生み出します。 ドビュッシーが言ったように “音楽は音符と音符の間に存在する” のです。


ローレンス・ディッキーの特許技術であるアブソーバー・チューブで共鳴と共振を消しさることによりこの明瞭さが可能となりました。 GIYA シリーズではアブソーバー・チューブはエンクロージャーの上部で渦巻きを描き、印象的な外観を特徴の一つとしていました。 KAYA 45 でも同じ目的のためにアブソーバーチューブが存在していますが、チューブを折り返した形で本体内部に絶妙に納めることにより、シンプルなシルエットの KAYA 45 からも同様の素晴らしいサウンドをお聴きいただけます。

 

KAYA 45 のモデル名は、エンクロージャーの内容積が 45リットルに設定されていることを示しています。超ロングストロークを誇るウーファードライバー C125L を二つ左右に相反する形で配置したリアクションキャンセルウーファーにより、激しいストロークでもエンクロージャーを共振させることは皆無です。


 

 

スピーカーシステム
KAYA 45
スタンダードカラー
希望小売価格 2,310,000円(税込)
オーダーカラー
希望小売価格 2,530,000円(税込)
ご購入はこちら
スタンダードカラー
メーカーHPはこちら

 

 

 

 

アルミニウム振動板の背圧を消し去るアブソーバー・チューブが一体化した構造のツイーターと搭載。
振動板の背圧を受け止め消し去る「折り曲げ型」アブソーバー・チューブ構造のミッドレンジ。

エンクロージャーの共振を抑える二つのドライバーを結合させたリアクションキャンセル構造のウーファー。

折り曲げた形でエンクロージャー内部にアブソーバー・チューブを格納。

 

 
システム構成: 3 ウエイ 4 スピーカーシステム

エンクロージャー:

グラスファイバー強化樹脂
中心部の軽量発砲樹脂を挟んだ3層サンドイッチ構造
ツイーター: D26S - 26mmドーム + アブソーバー・チューブ
ミッドレンジ: C100SE - 100mm コーン + アブソーバー・チューブ
ウーファー: 2 x C125L - 170mm コーン
ベース・ローディング: ウーファー・アブソーバーチューブ + バスレフ
能率: 87 dB / 2.83 VRMS/1m
公称インピーダンス: 6 Ω (2.8 Ω 最小)
周波数特性: 37 Hz - 25 kHz (-6dB)
全高調波歪率: < 0.5% (全帯域)
クロスオーバー周波数: 300 / 3,000 Hz
推奨アンプ出力: 25 W - 500 W
製品寸法: W 298 x H 1153 x D 385 mm
製品質量: 25.0 Kg

 

   お問合せは オーディオユニオン新宿店 まで

 

 

2021年6月20日
オーディオユニオン ネットワークオーディオ館 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報