【お茶の水店】 JBL コンパクトモニター 4309 展示・演奏中です!

2021年7月20日

 
JBL 4309 お茶の水店で展示・演奏中!

 

70年代初頭に登場して以来50年間にわたり、高い人気と実績を誇ってきたJBLの4300シリーズ・スタジオモニター。 最新技術の搭載によりワイドレンジ・2ウェイとして開発された4367と4349に続き、6.5インチ(165mm)ウーファー採用のコンパクトなブックシェルフ型モデルが新登場。 D2テクノロジーを応用したリングラディエーター型コンプレッションドライバーとHDI™ホーンを搭載したコンパクトモニター、Model 4309の誕生です。

 

2WAYコンパクトモニタースピーカー

JBL 4309

 


 

JBLスタジオモニター伝統のアイコニックな外観

JBLスタジオモニターの証し、伝統のブルーバッフルとウォールナット5面リアルウッド仕上げ、さらにフロントグリルはウーファーバッフルのみを覆うことで装着時の中高域の減衰を排除

 

D2410H-2:1インチ径Teonex®リングラディエーター型コンプレッションドライバー

スタジオモニターModel 4367やModel 4349 に搭載されている「D2」ドライバー技術から派生した、強力なネオジムマグネットと25mm Teonex®製リングダイアフラムを用いた新開発コンプレッションドライバー

 

新世代の定指向性ウェーブガイド:HDI™ホーン

上位モデル4367と4349に搭載された先進のHDI™(High Definition Imaging)Xウェーブガイド・ホーン技術を採用

 

JW165P-4:6.5インチ径 ピュアパルプ・コーンウーファー

伝統のピュアパルプコーンと強力な超低歪磁気回路採用の6.5インチ(165mm)ウーファー

 

プレシジョンネットワーク

高感度ドライバーと高精細なHDI™ホーンを活かすために低歪ネットワークを搭載 高域用コンデンサーにはすべてLow-ESR(静電抵抗)のメタライズドフィルムキャパシター、インダクターには太ゲージ銅線を用いた空芯コイルをそれぞれ採用

 

フロントバスレフ方式デュアルポート

キャビネット内外の開口部に大きなフレアを設け大振幅時における大量の空気の空気の流入出をスムースにし、ポートチューニングに伴うQの急激な上昇を抑え自然なバスレフ効果を生むスリップストリーム設計のツインポートを採用

 


お問い合わせはお茶の水店まで!

TEL : 03-3294-6766

E-mail : ochanomizu@audiounion.jp

 

2021年7月20日
オーディオユニオン お茶の水店 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報