JEFF ROWLAND MODEL735 期間限定展示中! ※展示は終了しました。

2020年12月12日

 

 

 

モノラルパワーアンプ

JEFF ROWLAND

MODEL735
期間限定展示!

展示は終了しました。
 

進行中の研究開発のための絶賛されたプラットフォームとしてモデル725を使用することにより、多くの変更が新しいモデル735の設計に組み込まれました。

入力トランスのタイプで何時間もの重要なリスニングテストが行われ、スウェーデンのルンダールトランスのオーナーであり、設計者であるPer Lundahlと相談した結果、標準の高透磁率ミューメタルの代わりに、カスタム設計のコバルトベース・アモルファスコア入力トランスを組み込むことが決定されました。

アモルファス構造により、低周波数で測定された低次高調波歪みがわずかに増加したにもかかわらず、この特定のトランスを含めることにより、全体的な周波数範囲全体で音楽の解像度、豊かさ、表現力が向上し、リスニングテスト中にすぐに明らかになりました。

電磁および無線周波数の干渉と汚染が世界中で増加し続けているため、モデル735の入力ステージに改善された入力フィルター特性が組み込まれ、この問題に対処しました。あらゆる発生源からの非常に少量のEMF(電磁波による)干渉は、すべてのソリッドステート回路の敏感な入力ステージに有害な影響を与える可能性があるため、モデル735でこれらの対策を講じると、音楽の再現性とバックグラウンドの静寂さが向上します。アンプの帯域幅を約90 kHzに削減することを選択し、注意深くフィルターを調整することで、グループ位相偏差を最小限に抑え、信号の忠実性を保証しました。

エラー矯正回路をさらに改良したことで、30 kHzをはるかに超える帯域での歪みまで、最新のテスト機器でも測定困難なレベルにまで低下しました。現時点では音の効果が大きいかどうかを判断するのは難しいかもしれませんが、アンプ回路の動作に関する知識と理解を深めるために努力する価値のある課題だと思います。

回路基板材料はセラミック基板を使用しました。これは、725から引き継がれたものですが、いくつかの回路の改善と、新たな回路の追加に対応するために、再設計されています。

ターンオンおよびターンオフ遷移時のノイズを低減するために、出力回路に新しいミューティング回路が組み込まれました。

Model 735のボトムカバーは、アルミブロックを切削加工したもので、そのキャビティを使用するように設計されています。また、独自のダンピング材料を受け入れ、アンプの支持脚として機能する機械加工されたカバーで所定の位置に固定されています。さまざまなダンピング材料とアンプを支える要素を評価テストしている時に、増幅器のシャーシをその支持構造から完全に隔離し、増幅器がその潜在能力を最大限に発揮できる材料と構成を発見しました。

新しいフェイスプレートにある電源スタンバイボタンは、当社の他の製品で使用されているものと同様に、他のJRDG製品との審美的な互換性を強化しています。動作ステータスは、白いピンポイントLEDで表示されるようになり、ほの暗い照明のリスニングルームでもLEDの明るさに注意を奪われることはありません。

フェィスプレートの優雅さをユニットの背面に向かって伸ばすことによって、切削加工された生のままのトップカバーは、「ハードアルミ・ブロックから切削加工された」シャーシ全体を強調します。

 

 

モノラルパワーアンプ

MODEL735

希望小売価格 6,600,000円(ペア・税込)

ご購入はこちら

メーカーHPはこちら

 

 
■切削ハードアルミシャーシ
6061ハードアルミ塊を削った完全モノコックボディを採用! シャーシとヒートシンクはパワーアンプとしては世界初の完全一体構造。航空機グレードアルミ塊より精密切削加工で削り出したユニークなシャーシ構造は、熱分散、RFI/EMI外部ノイズシールド、共振制御特性に大きく寄与しています。
 
■ノンNF回路
アンプの頭脳たる回路には、セパレートAB電圧、電流ブロックによる独特な幾何学的複合構造による新回路を採用。総量ゼロに押さえたネガティブフィードバックによって音の粒子を細かく、しかも官能的ともいえるほどに音楽を再生します。桁外れの透明度とローレベルの解像度の高さによって、前代未聞の音楽性とステージ感の表現力を得ました。

 

 
   お問合せは オーディオユニオン新宿店 まで
 

 

2020年12月12日
オーディオユニオン 新宿店 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報