JORMA DESIGN AC LANDA CU II, JORMA TRINITY(RCA) 期間限定展示中!

2020年11月18日

 
 
JORMA DESIGN
AC LANDA CU II, JORMA TRINITY(RCA)

期間限定展示中:11/27(金)まで
 
展示は終了しました。
 

スウェーデンのケーブルブランド"JORMA DESIGN(ヨルマ・デザイン)"の電源ケーブルの中で最もリーズナブルなモデル「AC LANDA CU II」と、ラインケーブルの中で最もリーズナブルなモデル「JORMA TRINITY(RCA)」を期間限定で展示中です。ヨルマ・デザインの音は気になっていたけど聴いたことがなかった、という方は是非この機会にご試聴ください!

 


 

AC LANDA CU IIは、ヨルマ・デザイン社のたゆまざる研究開発の成果を受け、従来機「AC LANDA」の製造精度及びフッ素樹脂系絶縁皮膜の純度をさらに高めたオーディオグレードの電源ケーブルです。この二つの技術的改良は小規模ロット生産品において非常に困難なハードルですが、音質向上には欠かせないとの判断から臆することなく採用いたしました。

AC LANDA CU IIのワイヤー部は純スウェーデン製です。これは、JORMA DESIGNが日本の電源事情を考慮に入れ設計し、 且つPSE適合性検査に合格したオーディオ・グレードの高品位ACワイヤーです。

尚、採用されるJODELICAのACコネクターは多国籍の部品等を使用し、国内の工場で最終仕上げを行なっています。これらも、PSE適合性検査に合格した製品です。

 


 

ヨルマ・トリニティーは設計面においてNo.3シリーズから劇的な進化を遂げたヨルマ・デザインの最新エントリーモデルです。

総じてヨルマ・トリニティーは、No.3シリーズと比較して、絶縁体の層を追加することにより、緊密性を飛躍的に高めた構造になっており、より安定した信号伝達が可能となります。

導体は、従来のエントリーモデルでは6N銅を採用しておりましたが、当モデルより8N銅の採用へと純度のアップグレードを図り、上位機種の解像度に近づけています。 コネクター類の見直しも徹底的に行ない、サウンド・デザインを再構築しました。

あらゆる面において、ヨルマ・トリニティーはNo.3シリーズから大幅に改善されたケーブルとなります。

 


 

  

JORMA DESIGN Philosophy

 

2002年 スウェーデン・イエテボリにて、JORMA DESIGN(ヨルマ・デザイン)社はオーディオケーブルデザイナー、JORMA KOSKI(ヨルマ・コスキ)氏の一つのシンプルな信念から設立に至ります。その信念とは、レコーディングソースの信号伝送を正確に行い、オリジナルの音源をそのまま蘇らせるオーディオケーブルを世に送り出すことです。JORMA DESIGN製品の最大の特徴は「設計上の精度」と「実際の製品構造精度」を完全に一致させ、さらに世界最高峰のマテリアル群を用いて細心の注意を払い音質上のマッチングを行なっていることです。全JORMA DESIGN製品は工場出荷前に厳格なテストを個別に行い、その高い基準をクリアしたものだけが出荷を許されます。そのために、線材からヨーロッパ最高峰の設備を用いて製造しています。

 

ケーブルが「音楽的」に鳴ること。単純に思えるかも知れませんが、これはケーブルの開発において最重要事項であり、同時に一番達成困難な事柄の一つといえるでしょう。JORMA DESIGNの意味する「音楽的」とは、幾時間でも快適に音楽を聴いて、楽しむことができるものです。JORMA DESIGNのケーブルをシステムに接続すれば、リスナーが集中するものはただ音楽だけなのです。このケーブルはとても自然なサウンドを聴かせてくれるので、もはやケーブルの賛否を気にしながら音楽を聴く必要もなくなることでしょう。
JORMA DESIGNのケーブルによって、今まで体験できなかったサウンドステージがリスナーを包み込みます。

 

   お問合せは オーディオユニオン新宿店 まで
2020年11月18日
オーディオユニオン 新宿店 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報