McIntosh セパレートアンプ C52, MC452 期間限定展示中!値下げしました!

2017年1月18日
 
 
 McIntosh セパレートアンプの展示を開始致しました!
日本ではまだまだファンが多く存在するマッキントッシュブランド!
過去と現代の良い部分を融合して存在し続ける数少ないブランドの一つと言えるでしょう。
新宿店では展示を開始致しました!
是非ご試聴して下さい!
11月から値下げになりました!

 

 
 
   
コントロールアンプ
C52
希望小売価格 810,000円(税込)

メーカーサイトはこちら
 

 
 
「C52 の特徴」
アナログボリューム感覚で高精度な音量調整を可能にする、0.5dB単位214ステップのVRV(Variable Rate Volume)電子ボリュームを採用。接点の経年変化に強い構造で、長期間安定した動作を保証します。
完全セパレートされた高音質MCとMMフォノ回路は、負荷インピーダンス、負荷容量を選択できる最新設計のMM/MCフォノ回路を搭載しノイズ及び歪みを最小限に抑えます。
最新の高音質音源も最適にイコライジングするために、周波数ポイントをアレンジした8バンドイコライザーを装備しています。
ヘッドフォン出力に前方定位を実現する、HXD®クロスフィード機能搭載。
外部デジタル機器などからPCM信号をデコードする同軸、光デジタル入力、PCM信号とDSD信号をデコードするUSB入力、またマッキントッシュ製専用DINデジタル入力を備え、MCT450SACD/CDトランスポートとの接続でDSD信号のデジタル伝送を実現しました。USB入力は、新たにDSD256(11.2MHz)デジタル信号に対応
 
 
「C52 の特性」
周波数特性: 20Hz ~ 20,000Hz( +0dB/-0.5dB)
15Hz ~ 100,000Hz( +0dB/-3dB)
全高調波歪率: 0.003% 以下
S/N 比: 100dB(ライン)
82dB(フォノ MM)
80dB(フォノ MC)
出力インピーダンス: 200 Ω(バランス)、100 Ω(アンバランス)
ヘッドフォン適合負荷インピーダンス: 100 to 600 Ω
デジタル入力サンプリングレート: 同軸/ TOS 光デジタル入力24Bit/192kHz、
USB デジタル入力32Bit/384kHz、
DSD64、DSD128、DSD256、
DXD352.8kHz、DXD384kHz、
DIN デジタル入力PCM/DSD
消費電力動作時: 30W
0.5W 以下(スタンバイ時 )
外形寸法/重量: W445×H194×D419mm / 12.5kg
 
 
 
 
ステレオパワーアンプ
MC452
希望小売価格 1,058,400円(税込)

メーカーサイトはこちら
 

 
 
「MC452 の特徴」
ワイドレンジ出力オートフォーマーは、2、4、8 オームいずれの負荷においても、マッキントッシュならではの10Hz ~100kHz という驚愕の広帯域特性を犠牲にすることなく、各負荷に同等の出力を供給します。また、 パワートランジスタの不具合などによるシステムの損傷からスピーカーを保護します。
入力から出力までの全信号経路で、バランス回路を構成
完全クアッド・バランス回路によって、ノイズ成分と歪み成分を測定限界以下のレベルまで低減
ThermalTrak™ バイポーラ・パワートランジスタを使用。筐体を小型化しながらステレオ450W+450W ものハイパワーハンドリングを実現しました。
漆黒のガラスパネルに浮かぶ鮮やかなブルーアイズ・パワーメーター。
 
 
「MC452 の特性」
定格出力: 450W+450W(2/4/8 Ω)
全高調波歪率: 0.005%
S/N 比: 124dB
ダイナミック・ヘッドルーム: 1.8dB
周波数特性: +0,-3dB 20Hz ~ 100kHz +0,-0.25dB 20Hz ~ 20kHz
ダンピングファクター: 40
フロントパネルイルミネーション:: 光ファイバーLED
消費電力: 1200W
外形寸法/重量: W445×H240×D513mm / 50.0kg 
 
 
 
お問合せはオーディオユニオン 新宿店まで


2017年1月18日
オーディオユニオン 新宿店 提携駐車場サービスあり 買取受付
店舗情報